こだわりのソファ特長

徹底的に、座り心地にこだわったソファ。

こんな座り心地、今までありませんでした。とにかく、あらゆる面から「座り心地」に徹底的にこだわったソファ。あらゆる体型の方が座っても同じように心地良く、長い時間座っていても座り疲れが少ないことが最大の特長です。本当に心地よいソファとは?という、ソファの基本的な概念が作りの違いに現れています。

腰痛の方にこそ、その快適さを。

特に腰痛の方は、ソファを選ばないと腰痛を悪化させることにも成りかねません。多くのブランド品や欧米の大きすぎるソファは、一瞬の座り心地は柔らかくて良いかもしれませんが、30分座ってみてください。腰痛の方は座っていられません。しかしこのソファは違います。その違いは歴然です。丹念に張り上げたウェビングテープが体圧分散をしてくれるので、体にかかる負担を最小限に抑え、長時間座っても疲れにくい快適な座り心地です。

モデルMR

根本から見直された素材と、その使い方。

座り心地へのこだわりは、使用する素材と使い方を根本から見直しています。例えば、座り心地に大きく影響するクッションは、97%ハンガリー産マザーグースのフェザーをふんだんに使ったブロックと、通常ではあまり用いられることのない高密度ウレタンフォームを2層からなるブロックで構成されています。ウレタンの弾力性とフェザーの柔らかさが抜群の座り心地を生み出しているのです。

クッション

<背のクッションを側面から見た画像。上が人に触れる面になります。写真上がフェザー、下が高密度ウレタンフォームの層。>

快適さを追求したクッション

■ フェザーの層

表になる層には、97%ハンガリー産マザーグースのフェザーを使用しています。その量は背の部分で2.3kg、座には2.5~6kg、クッションには1.2kg。体を包み込むような感触が得られます。
カバーはダウンプルーフ加工の綿生地で、立体的にマチが入り、ボリューム感があります。

■ 高密度ウレタンフォームの層

力を支える内部の層には、トップクラスのソファに使われる1m³ 40kgと1m³ 50kgの高密度ウレタンフォーム2層で構成されています。
理想的な固さとへたりにくさをご提供します。

Made in JAPAN。生涯を共にできる耐久性。

座り心地へのこだわりはまた、生涯を共にできる耐久性とメンテナンス性も実現しました。

強い構造体、クッションを支えるウェビングテープ、高密度ウレタンフォームなど、細部にわたるまでこだわりを持って作られるソファです。どのパーツも最高水準の素材を厳選され、製作はイタリアのトップメーカーで修行を積んだ職人の手によって、日本国内で丁寧に行われています。

フレーム

堅牢な木枠部分

35mmの強度のある無垢材でベースの枠を作りますが、補強材まで同じ材の無垢を使っています。包み込むような快適さのための設計がきちんとなされています。
輸入品などの多くは、この時点でゆがみがでたりしています。

ウェビングテープ

60mm巾のウェビングテープ

クッションを支えるウェビングテープも快適さと耐久性に大きく影響します。このソファではイタリア製の60mm巾を使用。日本ではこのソファにしかない、最高水準のパーツです。
全て熟練した職人による手張りによって、確かな仕上がりになっています。

高密度ウレタン

2層構造の高密度ウレタン

クッション部分に使用されるウレタンフォームの密度は、一般的なソファで1m³20~25kg、イタリアブランドA社やK社で30Kg。このソファは40kgと50kgの2層でウレタンが入っています。もちろん比重が重いほどへたりにくく、体圧分散をしっかりとする座り心地に差がでます。

デザイン・耐久性に優れた、イタリアの椅子専用張り地から 100種類以上をラインナップ。

ファブリックは、カラー・デザイン共にもっとも優れているイタリア製の100種類以上の中からお選びいただけます。耐摩耗性などの耐久性の試験(イタリアのマーティンデール)をクリアしている椅子張り地専用のファブリックです。

カバーリングの縫製は、 アパレルを縫製していた日本の職人によるテーラーメイド。

カバーリングも、こだわりを持って仕上げられます。量産ではなく、アパレルを縫製していた日本の職人によるテーラーメイド。

縮率を考慮しながらパターンを出し、アパレル専用だった「ロックミシン」や「完トメミシン」を使い、切れにくい「ウーリー糸」を用いて縫製しています。

画像をクリックすると拡大画面を表示します。

カバー外側

カバー外側

カバー内側

カバー内側

日本の住宅に調和するデザインです。

こだわりのソファは、日本でデザインされています。本場のソファを研究し尽くしエッセンスを抽出して、日本の住宅に程良く調和するフォルムを生み出しています。そのため、海外製品をそのまま持ち込んだときのような圧迫感や違和感もなく、お部屋に合うものになっています。

日本人の体型に配慮したきめの細かいサイジング。

見た目のデザインも重要ですが、忘れてはいけないのが体型への適合です。このソファでは、日本人の体型や、置かれる場所に合わせ微妙に調整しています。わずかな条件の違いも見逃さず、試行錯誤を繰り返した結果が細部の寸法に現れています。

BASIC
AUTHENTICITY

モデルCR
Copyright © Shioda Kagu. All Right Reserved.