インテリアコーディネート事例

デザインの調和

F様が選ばれたテーブルはタクミカンファニチャーの曲面曲線加工のデザイン。通常は同じシリーズのチェアを合わせられますが今回は木材をウォールナット材で揃え、立て格子のクラシックな印象も残るハイバックアームチェアを合わせました。
しかし、ハイバックが背当たりを良くするために穏やかなラインが曲面を仕上げており、随所に曲面や脚がテーブルと同じテーパーであったことでしっくりと調和しています。

事例紹介